ヒロシマの日

 ここのところ、半藤一利さんの本を読んでいる。
 「歴史探偵」と自認する半藤さんの何が興味深いか。
 膨大に違いない知識、それはたぶん私の想像できる質・量ではないだろう。
 何より、その時に現場にいた、原典を持っている、そんな「歴史の証人」でもあるからだと思う。

 今読んでいる本は「愛国者の条件」だ。何となく危ない題名?
 副題は「昭和の失策とナショナリズムの本質を問う」だ。

 「失敗の本質」という名著がある。あの戦争の中にある「失敗」を明快に重厚に著している。その失敗を生かしてこそ、これからの日本がある、という主張を読んだ当時に感じた。

 今まで読んだ半藤さんの著作にもそれがある。
 この「愛国者の条件」の副題にある「昭和の失策」がそれだ。
 昭和の歴史上の事件、とりわけ戦争にかかわるできごとには、その前提となることがらがある。
 それを「失策」の一言では片づけられない。世論操作、衆愚となった大衆。それらが「力」となる時に政策の善悪を問うわけにはいかないようだ。
 ただ、昭和に見られた「失策」が現在にも繰り返されているのではないか。
 それは、現在の多くの課題を前にした時、まずいことではないか。

 共著の戸髙一成さんとともに淡々と語るような文体が、今までの不勉強さの体に突き刺さるようだ。
 こんなことも知らないで、否、こんなことも調べないで歴史教育をしていた自分がいた。
 もっと早くリタイアするべきだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック