昭和をふり返る知識・能力はある?

 『昭和史の10大事件』(東京書籍)を読んだ。
 半藤一利さん、宮部みゆきさんの対談形式だ。

 二人が用意した「自選の事件」をもとに話合いをしていく。
 結果として、目次にもなっている次のことがらだ。

1 昭和金融恐慌
2 二・二六事件
3 大政翼賛会と三国同盟
4 東京裁判と戦後改革
5 憲法第九条
6 日本初のヌードショー
7 金閣寺消失とヘルシンキ・オリンピック挑戦
8 第五福竜丸事件と『ゴジラ』
9 高度経済成長と事件―公害問題・安保騒動・新幹線開業
10 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件


 どれも興味深い。どれも「知らないことばかり」と言ってもいい内容だった。
 二・二六事件、大政翼賛会、東京裁判。どれも教科書レベルでは知っている。しかし、対談内容には「なるほど、そういうふうにつながっていくのか、つながってしまうのか、つなげてしまったのか」と「歴史好き」の人になったかのような思いにとらわれた。

 「歴史探偵」の半藤さんだから、なのだが、それにしてもさすが宮部さん、小説を書くためとはいえ膨大な知識を有していることが分かる。(この「膨大」は、「とても私には想像できない」ことの表現だ。)教科書レベルの知識さえおぼつかなくなったまま、昭和どころか平成も終わろうとしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック